ホームセキュリティー比較

ホームセキュリティ業者を徹底比較!【ホームセキュリティー.net】

ホームセキュリティ業者の比較

 

セコム

セコム

セコムの料金プラン

価格 防犯 火災 非常時
月額4,500〜(お買上方式)
ガス漏れ 遠隔制御 戸建 マンション 店舗
全タイプで対応 別途料金
ALSOK

ALSOK

アルソックの料金プラン

価格 防犯 火災 非常時
月額4,000〜
ガス漏れ 遠隔制御 戸建 マンション 店舗
X7対応
セントラル警備保障(CSP)
セントラル警備保障 価格 防犯 火災 非常時
月額2,945円〜
ガス漏れ 遠隔制御 戸建 マンション 店舗
東京ガス
東京ガス 価格 防犯 火災 非常時
月額1,950円〜 別途料金 別途料金 別途料金
ガス漏れ 遠隔制御 戸建 マンション 店舗
別途料金 別途料金
関電SOS
関電SOS 価格 防犯 火災 非常時
月額3,045円〜 別途料金
ガス漏れ 遠隔制御 戸建 マンション 店舗
別途料金

 

セコムが選ばれる理由とは?

リーズナブルな価格により導入しやすいホームセキュリティーを実現したアルソック。
サービス内容も充実しており、目的に合わせて選べる利便性もあります。

 

しかしそれでもやはり、ダントツのトップはセコムであることに変わりありません。
なぜ、ホームセキュリティーといえばセコムなのか?
その理由を突き止めようと調べた結果、行きついた答えの一つが『安心感の高さ』です。

 

セコムの買取プランではオンライン契約の場合、セキュリティ機器には10年間の補償がついています。
そのため、当初10年の間に機器が故障した場合は(故意や自然災害を除く)、無償で対応してもらえます。
それはアルソックでも同じで、やはり買取プランの場合、セキュリティ機器は10年間無料補償となっています。

 

レンタルプランの場合でも故意や自然災害による故障を除き、
セコム・アルソックどちらとも、機器は無料で交換及び修理をしてもらえます。

 

セコムとアルソックで違うのは、契約中に何らかの被害に遭ったときの保証内容です。
ホームセキュリティを導入していても、完全に窃盗や強盗を防げるとは限りません。
万が一被害に遭ったときはどうなるのか、気になったことはありませんか?

 

セコムでは、補償制度が標準で付帯となっています。

 

窃盗や強盗により損害を受けた場合は、規定の条件に基づいて保険金が支払われることになります。

 

盗難保険金・免責金額

 

現金・貴金属・美術品など
  • 保険金額 …… 50万円
  • 免責金額 …… 1事故につき5,000円

 

家財
  • 保険金額 …… 200万円
  • 免責金額 …… 1事故につき5,000円

※免責金額 → 保険金請求時に自己負担する額。

 

火災・爆発・泥棒の侵入などによる被害が建物に遭った場合は、
規定の条件に基づいて建物損害修復費用見舞金が支払われることになります。

 

建物損害修復費用見舞金

 

損害額100万円以上 …… 100万円

損害額10万円以上100万円未満 …… 損害額の範囲内で、かつ、10万円単位の金額
(10万円に満たない端数金額は切り捨て)

 

損害額10万円未満 …… 適用外

アルソックで補償されているのは機器のみで、被害に遭ったときの保険金や見舞金はありません。

 

保証内容に関して問い合わせたところ、
『価格を抑えたホームセキュリティに努めているので、被害に見舞われた際の保証はありません』とのことでした。

 

価格を重視するなら、アルソックもおすすめのホームセキュリティです。
しかし、「万が一」への備えも万全である点は、セコムが他社に差をつけている要素の大きな一つだと思います。

 
 
お気に入りに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ